以前買ったBUFFALO BSKBW03WH。機能・価格・デザインは素晴らしいのだが耐久性が低くて低くて、とクチコミで評判のワイヤレスキーボードです。ついにウチのも壊れました。

症状はクチコミと全く同じ。電池が切れました的な雰囲気でバッテリーランプが赤く灯るのですが、電池を入れ替えるとウンともスンともいわなくなり、ランプすら灯らなくなり、命尽き果てただの抜け殻になるパターンです。

BUFFALO BSKBW03WH 壊れました

2012年10月18日に使い始め、2013年11月13日にお亡くなりです。1年チョットの寿命でした。クチコミを見ているとだいたい半年位の寿命が多い中ウチのは結構長生きした方じゃないかと思っています。

私も例にもれず機能・価格・デザイン重視で買いましたが、 デザインは薄くてシンプルで良いしコンパクトでキー配列も良く、たわむ感じやチャチなおもちゃ感もなく質感良いし、打ち心地も良かったです。ワイヤレスレシーバーもコンパクトで反応も良かったです。

BUFFALO ワイヤレスキーボード BSKBW03WH

そのシュッとしたスタイルと抜群の使い心地に、使えば使うほど愛着が湧いてきて、寿命が近いとされる半年を超えると、はかない命がいつ散るのかと桜を愛でるようなそんな気持ちで使っていました。お亡くなりになったときも1年ももってくれてありがとうと思える愛すべきキーボードでした。

正直この次のキーボードも、耐久性度外視でワンイヤーワンキーボードのサイクル覚悟で、同じくBSKBW03WHにするか小一時間悩みました。しかしキーボードは毎日使うものですし、安心感と耐久性は大切なんじゃないかと思い、何のひねりもなく次はアイツをポチりました

Related Posts


前の記事: OLYMPUS STYLUS XZ-2、購入。再び。
次の記事: LOGICOOL ワイヤレスキーボード K230 レビュー