私の場合、マウスを使っていて壊れるところはほぼ必ずホイールで、ホイールクリックが効きにくくなります。

愛用しているロジクール M505のホイールが押し込んでも押し込んでも効きにくくなってきたのでマウスを新調しました。

Logicool M325t

M505は生産完了していて後継機はM525なのですが、同じロジクールのサイトに載っていたクリスタルホワイトに惹かれM325tを買いました。

M325tはM505より若干小さく、マウスはサイズ感が重要だと知っているのですが、「大丈夫だろう。大丈夫であってくれ」と思ってポチりました。

Logicool ワイヤレスマウス M325t

クリスタルホワイトなM325tはシンプルな色・形ですが白好きにはたまらないデザイン。持った感じは電池が単4電池1本なので軽いです。スクロールホイールにカチカチ感がなくなりスルスルしているのは好みが分かれると思います。

接続はUnifying機能によりレシーバーひとつでリンクしてくれます。ラバーグリップで持ち心地は良いし、もちろんカーソルの精度もバッチリです。さすがロジクールクオリティ。

M525とのサイズ比較

ただ、うーん残念。上の画像がM325tとM505のサイズ比較で、一回り違うだけなのですが手が大きい私にはサイズがしっくりきません。ほんの6㎜ほど小さいだけなのに。やっぱりマウスはサイズ感が重要ですね。

ということで、M525にクリスタルホワイトがあったらなあ、と思いながらM545の黒をポチりました。

Related Posts


前の記事: ニッスイ イマークSを飲んでみました
次の記事: 引っ越しのときのエアコン工事でぼったくられた話