長いこと放置していたブログですが、みなさまのテレビなどのデジモノレビューを読んでいると、ムラムラと何か書きたい気持ちが湧いてきました。で、今さらなのですがKDL-46HX850のレビューなど。

SONY BRAVIA KDL-46HX850

長いことテレビ欲しい欲しい病にかかっていましたがやっと買えました。プラズマ中心・液晶ならBRAVIA一択で考えていたのですが、プラズマが生産中止になり店頭ではプラズマは展示品ばかりに。買いに行ったときには、選択肢はTH-P55VT60(展示品21万円)、P55GT60(展示品16万円)のみでした。

プラズマの展示品は焼き付けとか怖いので、液晶 SONY KDL-46W900A(新品14万円)にするかなと思っていたところ、処分コーナーの46HX850(1台のみ在庫有り)が激安だったのでHX850を買いました。

SONY BRAVIA KDL-46HX850

HX850の良いところは、とにかくメッチャカッコイイところです。フルグラスなモノリシックデザインがいかしてます。見ているだけでニマニマしてしまいます。

画質に関しても、プラズマに未練はあるもののまあまあ満足しています。残像はスポーツ(野球・フィギュアスケート)を見ても個人的にはほとんど気にならないし、やや発色に物足りなさはありますが絵に深みもあります。スタンダードの画質は好みではありませんが、設定で自分好みに(ある程度)追い込めます。唯一気になるところは視野角ですかね。パネルがVAなのでしょうがないですが、視野角が狭く斜めから見ると色合い(濃度)が変わりやすいです。

ちなみに、派手目で暖色系の画質が好みの私の画質設定です。

画質モード ダイナミック
バックライト 3
ピクチャー 90
明るさ 50
色の濃さ 65
色合い 標準
色温度
シャープネス 57

音質に関しては薄型テレビなのでチープなのはしょうがないです(かなりチープです)。 音質改善にはシアターシステムしか選択はないと思っていたのですが、PCスピーカーという選択肢を知り(こっそりいつも参考にしております。感謝しています)、俄然選択肢が増えました。現在物色中です。

Related Posts


前の記事: 神戸メリケンパークオリエンタルホテルでビアガーデン
次の記事: BMW i3 試乗しました