私が使って良かったおすすめ英語本・英会話本の感想・レビューです。

「超右脳」「3倍速CDを聴いてネイティブのようにつぶやく!」とかキャッチフレーズは飛び道具っぽいノリですが、内容はいたって正統派な本です。3倍速CDがなくてもとても良い本だと思います。私は3倍速部分は使いませんでした。

3人のネイティブのモノローグを3人のネイティブに読んでもらってそれをCDに収めてます。モノローグは日常的でかなり口語的です。
そして、モノローグに使われた文法・構文・フレーズ・単語の解説をしてあります。
その解説がわかりやすく秀逸だと思います。モノローグに使われている文法・構文・フレーズは日常会話で頻繁に使われるものが多く、本の中でも何回も繰り返されています。頭に残りますし、耳にも残りますし、口にもなじんでいきます。モノにしやすいように構成されていると思います。

超右脳つぶやき英語トレーニングシリーズには、自分の感覚を伝える表現や感情表現がたっぷり入っていて、「挨拶・社交辞令・意見・質問・用件」などよくある日常英会話本にある「不便がないための日常英会話」を超えて、「友達になる・仲良くなる・ヒトに近づく」ための英語表現が身につく本だと思います。

このシリーズは1作目と留学編の2冊がありますが、留学編の方が好評のようです。1作目のモノローグは、使われている文法・構文・フレーズは素晴らしいのですが、内容は日常の不満・失敗など結構ネガティブな内容が多くそれが不評みたいです。CDも3人が読んでますがスピードがバラバラ。とても遅い、普通、やや速いとバラバラ。発音のクセが結構強い音声もあります。倍速3倍速をウリにしているのに1作目は途中から倍速3倍速が収録されていません。その点を「ネイティブ感あふれている」「色んな英語を聴ける」「3倍速とかはいらない」とポジティブに捉えて使うと1作目の方が関連表現が多いのでタメになると思います。

Related Posts


前の記事: 時制・仮定法を理屈抜きにマスターする!「たった40パターンで英会話!」:英語本・英会話本 感想・レビュー
次の記事: 香住で活け柴山かに番かにフルコースを食べる