キヤノンの複合機 PIXUS MG3530を景品でもらいました。

正直言うと、一体型インクはあまり好きではないので、自分で買うならもう1つ上の独立インクの機種(MG5630)ですが、景品ラインナップに入ってなかったのでコレにしました。

我が家では、普段の印刷はレーザープリンタ、写真は印刷屋さんで刷るので、 MG3530は年賀状専用機として使います。

Canon PIXUS MG3530

年賀状シーズンなので、先日開封し2015年用の年賀状を刷ってみました。

新品のインクで刷れた年賀状の枚数はズバリ102枚。 74枚目で「インクが少なくなっています」のサインが出ましたが、そこから28枚刷れました。29枚目からは、Y色が切れたようで、はっきり色がかすれ始めました。

MG3530 インクのサイン

年賀状がベッタリ全面にカラーを使うデザインだったので、私の印刷予想枚数は60-70枚でしたが思ったより刷れました。

MG3530のカラーインクBC-341は、インクの残量が見えないので他の色がどれくらい残っていたのか分かりませんが、宛名(黒インク BC-340)の方は150枚刷ってもまだ残っていました。

買い足した純正カラーインクBC-341(普通サイズ)が1630円だったので、カラーインクのランニングコストは15.98円/枚でした。

キヤノン BC-341

画質はよく見ると粒状感はありますが パッと見は全く気になりません。プリンター機能以外は使っていませんが、使い安くデザインも良く、エントリー機種としては十分だと思います。

Related Posts


前の記事: 買い換えても良いかもと思うけどそれほどでもないもの 2014
次の記事: ハードディスク WesternDigital WD20EZRX 買いました