もうすぐ(節分で)厄が明けます。いや、つらかった。

私は元来こういうのは信じないタイプで、「厄年?もともと大したことない人生なのに、これより悪くなることなんかないだろう。気の持ちようでしょ」とか言うタイプだったのですが、いや苦しかった。

厄年が終わったからと言っていきなり絶好調になるわけではないと思うのですが、年が明けてからなんとなく気分が軽くなってきたような気すらします。

神戸ハーバーランド

この3年を軽く振り返ってみると、

2013年 ボンゴ、エレキギター、ピアノなど楽器騒音でノイローゼに。耳をすましてすましてかすかに聞こえる隣のゲームの音すら気になる状態に。

2014年 引っ越したらピアノの騒音に苦しむ。

2015年 さらに引っ越したら子供のドタバタ音に苦しむ。

騒音で精神状態はビクビク。何やっても裏目にでるし。身体も、肋間神経痛、座骨神経痛、慢性前立腺炎、痔とボロボロでした。

私は精神にくるタイプのようで、日々なんとなく不安にさいなまれ、旅行とかデジモノとかクルマとか今まで興味あったものにもほとんど反応できず、ひたすらひきこもって、読書しかできませんでした。

そういえば、23-25歳(数えでは24-26)のときもエグかった思い出があります。59-61歳(数えでは60-62)は死んでしまうのではないだろうかと思います。

今年はいい年になるといいな、と願ってます。

Related Posts


前の記事: ガラケー SH-07F 機種変更しました
次の記事: BMW 435i カブリオレ F33