BMW 1シリーズ 118d Mスポーツを代車で数日間お借りしましたのでインプレッションなど。

お借りしたのは2018年モデル。フロントフェイスはLCI前と違って格好良くなってますね。ハッチバックってコンパクトさが小回り利きそうで良いですよね。スポーツ感もあって便利さもあってとても良いです。

BMW 1シリーズ 118d Msports

2018年モデルからは内装デザインが一部変更されています。

ダッシュボード周りにステッチが施されています。このステッチ好きなんです。レザーではないのですが、凝っている感じがほんのちょっぴり高級感が出ていて良いですよね。デジタル風メーターも好きです。

BMW 1シリーズ 118d Msports

Mスポーツですがアルミトリムではなくピアノブラックなトリムです。インテリアデザインはシンプルなBMWテイスト。個人的には結構良いんじゃないかと思います。

エンジンは2リッター4気筒ターボディーゼル。レスポンスや日常走行性能には不満ありません。ただディーゼル音はやっぱりしますよね。

燃費は街乗りだと13㎞/Lくらい。3気筒や4気筒のガソリンエンジンとそれほど違いはないです。

BMW 1シリーズ 118d Msports

個人的に気になるのは、ほとんどの人は気にならないと思うのですが、Bピラー(前ドアと後ドアの間のピラー)です。普段2ドアでBピラーがないので圧迫感を感じるのです。

Related Posts


PREV: Flash Air W-04 × Keenaiアプリで画像をPCへ自動転送
NEXT: iOS12をiPad mini4にインストールしました