今使っている無線LANルーターがNEC Aterm WG1200HSWR8165Nです。

WG1200HSが何となくイマイチだったので、IPv6対応の無線LANルーターを探していまして、無料ポイントもあったのでHSの置き換えにWG1200HS2を導入してみました。

NEC Aterm WG1200HS2

ウチの回線速度はだいたい25MB/sで、それほど速いわけではありませんが基本不自由はない程度の速度です。

ですが、たまに遅いとき(多分混雑時)や不安定なとき(速度は出ているのにブツ切れしている感じ)があって、IPv6でそれらが解消されれば良いなと思って導入してみました。

NEC Aterm WG1200HS2

プロバイダがOCNでIPv6対応済みなので、ルーターさえIPv6に対応していれば自動でIPv6でつないでくれます。

WG1200HS2は「IPv6ブリッジ機能」と書いてあったのでIPv6対応ルーターだと思っていましたが、IPv6ブリッジ機能とは、ひかりTVのようなIPv6対応の映像サービスだけIPv6接続するだけの機能らしく、それ以外のIPv6接続には対応していないようです。ガックリ。

IPv6非対応なのは残念でしたが、普通にルーターとして3ヶ月くらい使った印象としては、速度自体は変わりません。ですが、遅いときがなくなった気がします。安定して25MB/sくらい出ています。HSに比べて中継機能も追加されているしリプレイスとしては満足しています。

IPv6接続対応のルーターをお探しの人はWG1200HP3が良いと思います。先日のファームウェアのアップデートにより、謎技術で速度が3倍になったそうですしね。

Related Posts


PREV: BMW 435iカブリオレ ルーフ
NEXT: 靴修理・靴磨きに出してみました