私が話すための勉強に一番最初に使ったシリーズです。英語のリズム発音にある程度慣れてきてなんとなく意味がわかるようになった後、話せないことに気づき何とかしようと思って手にとった本でした。

効果は絶大でした。とりあえず話すことが出来るようになります。通じる英語を話すことが出来るようになります。

このシリーズをやるにあたってポイントは英会話なるほど練習帳英会話ペラペラ練習帳です。 この2冊は英会話なるほどフレーズ100で紹介されている機能表現を使っての練習なんですが、日本語を見て英作するという構成になっていて、アタマに英語が残るようになっています。英語を聴いて頭で理解する・英語を見て和訳したり音読する方式では話せるようにはなりません。この2冊の練習帳の日本語から英訳する練習をやりこむことで話せるようになりました。

しかも、日本語を見て英訳する方法はリスニング力も強化してくれました。英語を聴いて理解する速度が速くなり理解度が高まりました。英語と日本語(理解)のブリッジが強化されました。

英会話ペラペラビジネス100もビジネス英語の基礎にぴったりです。仕事でつかう丁寧な英語をある程度話せるようになります。

このシリーズは、日常英会話・ビジネス英会話の基礎としてベストだと思います。英語で失礼なくある程度会話することが出来るようになります。 日常英会話を強化するなら英語口ネイティブフレーズシリーズを、ビジネス英会話を強化するなら場面別 会社で使う英会話―きちんとしたビジネス英会話を学びたい人向けの本 (CD book)をやるといいと思います。

Related Posts


前の記事: BMW X6をディーラーに見に行ってきました
次の記事: おすすめ英語本感想・レビュー:「ネイティブ英語フレーズシリーズ」