ぱんのき

30 9 月 2018 In: グルメ・料理

ぱんのきという食パン専門店の食パンをおみやげにもらいました。お店は神戸は県庁前です。

ぱんのき 食パン

フワッフワのモッチモチで、ずっしりしてます。そのままでもトーストでも美味しいです。

何も知らずに食べたので、普通に「美味しかったです!」という感想でしたが、口コミ見てみるとここすごい人気なんですね。

当日販売分は朝から行列必至。予約販売は翌週分が1日で完売するし、電話もなかなかつながらないらしい。食パン専門店としてはリーズナブルな1斤300円(税込み)という値段設定もあって大人気店です。

口コミを読んだ後、残りの分を、感謝しながらありがたくいただきました。とても美味しかったです!

Related Posts


オリンパス XZ-2。2012年発売のコンデジです。一旦手放した後また買い直した経緯もある、個人的には好きなカメラです。

ですが、写りは素晴らしいのに稼働率が低いのが残念で、その理由とともに今更レビューしてみます。

OLYMPUS STYLUS XZ-2

今では小さめな1/1.7インチセンサー。高感度許容レベルは(個人的には)ISO1000くらいまでですが、手ぶれ補正がしっかり効いていて、SS 1/30は余裕で、SS 1/20くらいなら問題なし。気をつけて撮ればSS 1/8までは手持ちでいけます。(RX100では1/100が余裕で、1/80が問題なしくらいの感覚です。)

レンズがとても良い。28㎜-112㎜ F1.8-2.5でワイドからテレ端まで全域シャープです。W端5㎝、T端20㎝まで寄れます。

AFは、速さはそこそこ速いです。精度はまあまあですが、タッチフォーカスが使えるので問題なし。電源オンオフ、レンズの動きなどカメラのレスポンスもコンデジとしては満足です。チルト液晶は使いやすいし、USB充電も良いですね。

で、イマイチなところですが、まず色味です。写りは良いのですが色味が微妙に好みでない。オリンパスのJPEGは基本的には好みなのですが、PLシリーズと比べると少し青黒いんですかね。そのままの設定で食べ物を撮ると美味しくなさそうに写ります。桜は白っぽく写ります。色味の調整はホワイトバランスで調整するのですが、Rを+3・Gを+1で設定しています。

ちなみに下の画像が色味未調整で撮ったもの。オレンジ味が足りてない感じです。

XZ-2 WB未調整

個人的に稼働率があまり伸びない一番の理由は、結局はボディサイズとデザインです。多分大きさが私の感覚的にコンデジとしてはアウトなんだと思います。そして、大きさだけでなく、ゴツゴツしくてなんとなく手になじまないのです。Fn2ボタンとレバーは邪魔ですし、ホットシューはいらないんじゃないかと思うんです。

後継機が出る様子はありませんが、1インチセンサーでこのレベルのレンズで、かつコンパクトなカメラを作って欲しいです。

Related Posts


今まで、洗濯洗剤は液体洗剤タイプの部屋干しトップを愛用していたのですが、梅雨時や曇天続きの時期の乾きが甘い時期、なんとなくくすんでいたり仕上がりが納得いかないので洗濯洗剤も再考することにしました。

ネットで調べたところ、どうやら液体タイプより粉洗剤の方が良いらしく、洗濯洗剤を検証しているサイトで1位のアタック高浸透リセットパワーを使ってみました。粉洗剤タイプです。

アタック 高浸透リセットパワー

ウチは大人二人で特に汚すこともないので、洋服や軽めのタオルなんかは問題ありません。ですが、ぶ厚めのバスタオルがくすむのが気になっていました。

2ヶ月ほど使ってみた結果、まあまあなかなか良くなったのではと思います。圧倒的なほどの差はありませんが、前のよりはくすみが無くなった気がします。匂いもほぼ無臭で良い感じです。

とりあえず当面これで行ってみることにしました。

Related Posts

Archives

ブログタイムズ