HTC U11を買いました。

まあまあ不人気なHTCですけど、個人的にはHTC J ButterflyHTC Oneのときからずっと好きで注目しています。

HTC U11

スペック的にはこんな感じ。

液晶 5.5インチWQHD(2560×1440)Super LCD 5
CPU Snapdragon 835
メモリ 4GB RAM / 64GB ROM、MicroSD可
バッテリー 3000mAh
カメラ F値1.7、1200万画素(1.4μmピクセル)
サイズ・重さ 約76×154×8.3mm(最厚部:9.7mm)、170g

デザインはノッチなし。上下のベゼルも特段薄い訳ではありませんが、スタンダードなデザインで個人的に好きです。角の丸っこいガラスの感じも触り心地が良いし、白に見えたり水色に見えたりするアイスホワイトも良い感じです。

HTC U11

5.5インチのサイズ感も手になじんで持ちやすくて良いです。手が大きい私には6インチオーバーとかもう少し大きくても良いですけど。

カメラの写りも良いです。今だともっと良いのありますが、DXO Mobileのスコアも90点と高得点です。5軸手ぶれ補正っていうのも嬉しいです。

HTC U11

SoCはスナドラ835。昨今のSocの進化はゲームをしない私には体感はないだろうと思っていましたが、スナドラ820のXZがワンテンポ遅く感じるほど速くなってます。

握るとアプリが起動してくれるエッジセンスもとても便利です。カメラ起動に設定していますが、片手で握るだけでカメラが起動してくれそのまま片手で撮れるのでとても便利です。

おサイフ機能は個人的に必須だったのでこれも嬉しい。USB-C接続のハイレゾヘッドホンが付属なのも嬉しいです。

HTC U11 ハイレゾヘッドホン

正直個人的にはほぼ文句のないHTC U11ですが、強いて言うならバッテリーが比較的少なめらしいこと。私の使い方だとフル充電で2日は持ちますし全く問題ないのですが3000mAhは少なめだそうです。

あとは、端末には関係ないですが、Android8.0のインターフェイスが慣れないことですかね。

Related Posts

私はEye-Fi愛用派で突然のサービス停止発表に右往左往したEye-Fi難民だったもんで、第4世代 Flash Air W-04が出て、4000円を切った時点で、ソッコー買ってしまったんです。

他のEye-Fi難民たちのレビューを見る限り、買わない方が吉だとわかっていたんですけど、発売を待ち焦がれていましたし、うまく使えれば、せめてEye-Fi代替措置のEye-Fi X2 Utilityくらいには使えるだろうと期待して、買ってしまいました。

カードの転送速度は速くなってますし、YouTubeで東芝社員のプレゼン動画を見ていて、購買欲が止まらなかったんです。

でも、やっぱり失敗だったんです。

Flash Air W-04

まず、何が残念かというと、Flash Air入りカメラとPCを同時電源オンするだけではなくて、いちいちPCのWiFiをFlash Airに綱ぎ直し、アプリを起動させないといけないのがめんどくさいですね。

それだけではなく、接続が不安定なのが一番残念ですね。 ネットと同時使用は当然不安定ですし、Flash Airだけで使っていても、たまに接続が途切れたり、転送がストップしたりするんです。そのたびにいちいち電源オフしてもう一度つなぎなおさなくてはならなくて、いちいち気にしてないといけないのが、めんどくさいことこの上ないです。

要するに、接続が不安定で使い勝手が悪いのです。Eye-Fi X2 Utilityにもほど遠いです。Eye-Fi X2 Utilityは同時電源オンで後は自動でしたし、ネット同時使用も問題なしでした。

これならSDカードスロットに差し込んだ方が良いや、と思うくらいです。ステーションモードとかもあるらしいのですが、トライするのもめんどくさくなってしまって、現在は使用をあきらめ、SDカードスロットに抜き差しして使ってます。

Related Posts

マイクロフォーサーズ レンズ LUMIX G MACRO 30mm F2.8を買いました。

パナソニック LUMIX G MACRO 30mm F2.8

私が撮る写真はだいたいが、生活感あふれる日常スナップかモノ撮りです(モノも生活感あふれてますけどね)。

E-PL3のズームレンズが壊れてから、LUMIX 20㎜ F1.7(最大撮影倍率 換算0.26倍)をつけっぱなしで使っていたのですが、スナップのときは全然良いのですが、モノ撮りのときはもう少し寄れたら良いのになと思うことがしばしばありました。

ズームレンズを買い換えるとしても、簡易マクロがついてた方がなお良し、ということで、簡易マクロつきのズームレンズ オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 12-50mm F3.5-6.3 EZ(最大撮影倍率 換算0.72倍)でも買おうかなと思ったもののすでに生産完了済み。

評判の良いズームレンズ オリンパス 12-40mm F2.8 PRO(最大撮影倍率 換算0.6倍)は8万円弱とカメラにそれほど興味がない私には高い。

ということで、お値段もそこそこ安く、スナップにもマクロにもピッタリと評判のLUMIX G MACRO 30mm F2.8(最大撮影倍率 換算2倍)を買ってみました。

LUMIX G MACRO 30mm/F2.8

正直どのレンズがベストなのか迷ったまま買ってしまったのですが、スナップとモノ撮りには全く困らなくなりました。

レビューはコチラ

Related Posts

About this blog

クルマ、デジタル家電、パソコン、グルメ、旅行、ドライブ、英会話など。
レビューや日記のブログです。

Archives

あわせて読みたいブログパーツ ブログタイムズ