英語学習を続けてきて、教材英語は大体分かるのに、
実際にしゃべれなかったり、字幕なしで映画をみるのがキツイことに気がつき、
教材英語からの脱却を目指してアレコレ調べてたんですが、
フト気がつきました。

教材英語で学習すると、教材英語は分かるようになった。
ってことは、映画で英語学習すると映画がわかるようになるのでは?
実際にネイティブとしゃべることで英語学習すると
ネイティブ英語が分かるようになるのでは?

ということで、まずは映画や海外ドラマを教材にしてみることにしました。
海外ドラマとペーパーバックでの英語学習法が詳しく書かれている
読めて聴ける英語」というサイトを参考にして、
フレンズ」と「フルハウス」を見てみることにしてみました。

英会話教室とかでネイティブと話すのも検討し始めてます。

Related Posts

教材英語は聞き取れて理解できるようになっても、
生のネイティブ英語についていけない、
字幕なしの映画がきついことに気づきました。

で、教材英語からの脱却しネイティブ英語への架け橋になってくれる
生の英語が詰まった英語本を探してみたところ、月刊誌があるのを知りました。

有名な月刊誌ですが、
ハリウッドスターのインタビューがウリのアルクのENGLISH JOURNAL
ニュース英語がウリの100万語聴破シリーズの朝日出版社CNN English Express
スターのインタビュー、ニュース英語、英字新聞、海外ドラマなど
他の月刊誌のイイトコどりがウリのNonstop English Wave。

Related Posts


英会話学習はしつこく楽しく続けています。

教材英語には慣れてきて自信もある程度ついてきて
実際に映画を字幕なしで見てみました。すると・・・ついていけない・・・。

教材の英語は聞き取れても、実際にはシャベレナイ、映画字幕なしキツイ状態に陥り、
色々試行錯誤をしながら最近落ち着いたのがコレです。

アルクの月刊誌のENGLISH JOURNALのインタビュー部分を集めたものです。
教材英語ではなく、生のその人の英語がいろいろ聞けるので
教材英語からの脱却にはいいんじゃないかと。
ネイティブの実際のインタビューなので、言い回しに安心感もあります。
生の英語が聴ける月刊誌はNonstop English Waveもあります。

とりあえずコレで教材英語からの脱却を狙ってます。

Related Posts

About this blog

クルマ、デジタル家電、パソコン、グルメ、旅行、ドライブ、英会話など。
レビューや日記のブログです。

Archives

あわせて読みたいブログパーツ ブログタイムズ