先日カラーレーザープリンタNEC PR-L5600Cが壊れました。昨年1月末に修理したので1年弱で2回目の故障です。

「電源を入り切りしてください」とエラーメッセージが出たので、電源を入り切りしたのですがやっぱりエラーがでます。

NEC MultiWriter 5600C

印刷枚数は4352枚。ネットを見るとリサイクルトナーを使っている場合は5-6000枚辺りで壊れているパターンが散見されたので、これは寿命だと買い換えを考えていました。

ネットを見ていると、分解したら直った事例や掃除をしたら直った事例があったので、試しに分解してみました。

分解といってもカバーを外しただけで、それ以上特に何もせず、カバーをつけ直しただけです。その後、トナーを外してトナー経路を軽く掃除をしました。なんと、それでエラーが消えて印刷できるようになりました。

ただ、最近トナーを新品に変えても50枚程度で色が薄くなったり、安定性にかけるので、PR-L5750cに買い換えました。

Related Posts

引っ越しした家についていたエアコン。Fujitsu AS-R22W。

フィルターを自動で掃除してくれる機能がついているのですが、このエアコンのお掃除ロボは致命的に迷惑です。

Fujitsuエアコン Rシリーズ

まずは、動作中の音が非常にうるさいです。寝てるときに作動し始めると目が覚めるのはもちろん、起きてるときでも気になります。

フィルター掃除は約15分(体感はそれ以上)かかり、お掃除中は冷房暖房機能は使えません。フィルター掃除をオフにすることもできません。

それに、エアコンを電源オンしてもエアコン機能ではなくお掃除機能が動くことがあります。そうなるとお掃除が終わるまで温風冷風がでません。正直電源オンして冷暖房機能が15分(以上)動かないのは非常に腹立たしいです。

寒いとき(暑いとき)にエアコンをつけて、温風(冷風)が出ずに、お掃除音が「ブーン」「ガー」と鳴りはじめたら、電源プラグを抜きたくなりますよ!(「故障の原因になるのでお掃除中に電源プラグは抜かないでください」と書いてありますけどね)

せめてフィルター自動掃除機能を設定でオフにできたら良かったのに。

今後絶対Fujituのエアコンは買うまいと思ったエアコンでした。

Related Posts

BALMUDA The Gohan(バルミューダ ザ・ゴハン)が発表されました。

「土鍋より美味しく炊ける」電気炊飯器だそうです。

BALMUDA The Gohan(バルミューダ ザ・ゴハン)

うちはお米は羽釜で炊く派で、ガス火に比べて電気だと火力は半分以下ですし、どんなにテレビで流行っても電気炊飯器には否定派だったのですが、これはどうなんでしょう。

蒸気でお米を炊くそうですが、ヘルシオの過熱水蒸気的な発想でしょうか。昔から美味しくゴハンを炊くには厚釜・強火がポイントと言われてましたが、2重釜と蒸気で対応した感じですかね。

私の予想では、味的には、土鍋、ガス釜を越えることはできないんじゃないかと思ってます。同等くらいじゃないですかね。

土鍋とか羽釜がアンダー1万円で買えるのですが、こちらのお値段は税別4万1500円。ただ、デザインは格好いいですし、メディアで押されて売れそうな感じはします。

Related Posts

About this blog

クルマ、デジタル家電、パソコン、グルメ、旅行、ドライブ、英会話など。
レビューや日記のブログです。

Archives

あわせて読みたいブログパーツ ブログタイムズ