靴を4足リペアに出しました。ソールは爪先部分がすり切れていたし、アッパーも傷や汚れがチョコチョコあって気になっていたのです。

自分でやっていたメンテナンスは、気が向いたときにラナパーを塗るくらいだったので磨きもお願いしました。

サントーニ タッセルスリッポン

靴修理後

特に、ヘタリが来ていたのが上のサントーニ。冬しかはかない靴で、冬はスノボ用靴下と普通の靴下を2枚履きするのでワンサイズ大きめを買ったのですが、冬はこれしか履かないからかヘタリが早かったのです。

靴修理後 ソール

ソールは爪先部分がすり切れていたので補強を入れて貼ってもらいました。

フェラガモ 靴磨き後

上のフェラガモは10年目に入ります。新品みたいにとはいきませんが、色ハゲ、汚れ、くすみはかなりキレイになりました。磨きはまあ、こんなもんなんでしょうかね。ネットで見るほど感動はしませんでしたが、十分満足です。

メンテナンスはもう少し自分でやる方が良いみたいです。メンテナンス道具を揃えようかなと思ってます。

Related Posts


今使っている無線LANルーターがNEC Aterm WG1200HSWR8165Nです。

WG1200HSが何となくイマイチだったので、IPv6対応の無線LANルーターを探していまして、無料ポイントもあったのでHSの置き換えにWG1200HS2を導入してみました。

NEC Aterm WG1200HS2

ウチの回線速度はだいたい25MB/sで、それほど速いわけではありませんが基本不自由はない程度の速度です。

ですが、たまに遅いとき(多分混雑時)や不安定なとき(速度は出ているのにブツ切れしている感じ)があって、IPv6でそれらが解消されれば良いなと思って導入してみました。

NEC Aterm WG1200HS2

プロバイダがOCNでIPv6対応済みなので、ルーターさえIPv6に対応していれば自動でIPv6でつないでくれます。

WG1200HS2は「IPv6ブリッジ機能」と書いてあったのでIPv6対応ルーターだと思っていましたが、IPv6ブリッジ機能とは、ひかりTVのようなIPv6対応の映像サービスだけIPv6接続するだけの機能らしく、それ以外のIPv6接続には対応していないようです。ガックリ。

IPv6非対応なのは残念でしたが、普通にルーターとして3ヶ月くらい使った印象としては、速度自体は変わりません。ですが、遅いときがなくなった気がします。安定して25MB/sくらい出ています。HSに比べて中継機能も追加されているしリプレイスとしては満足しています。

IPv6接続対応のルーターをお探しの人はWG1200HP3が良いと思います。先日のファームウェアのアップデートにより、謎技術で速度が3倍になったそうですしね。

Related Posts


BMW435iカブリオレ(F33)のリトラクタブル・ハードトップ・ルーフですが、22秒で開閉できます。

開閉時間自体は先代モデル335iカブリオレ(E93)と同じなのですが、435iカブリオレ(F33)は低速で走っているときにも開閉可能になりました。

BMW 435i カブリオレ (F33)

22秒というのは、信号待ちの途中で開閉するには、赤になってすぐに開閉しないと安心できない時間です。低速走行中も開閉可能なら、安心して信号待ちで開閉できると非常に喜ばしかったのです。

ですが、低速とは20km/hまでで、21㎞/h以上になると開閉が途中でもストップするのです。20㎞/hはきつい。せめて30㎞/hに、いや25㎞/hにして欲しかった。

BMW リモコンキー

車外からリモコンキーのアンロックボタン2回押しでオープンにできるコンフォートオープン機能ですが、E93でもそれほど反応は良くなかったのに、さらに反応が鈍くなって使いづらくなりました。かなり近距離からでないと反応しないので、F33ではコンフォートオープンは使わなくなりました。

あと、アイドリングストップ中は電力節約の傾向なのか、アイドリングストップ中にオープンにするとたまに途中で止まるのです。そんなときは、一旦クローズ側に押して、もう一度オープンにすると開閉が動き出します。

F33になってルーフ関係は全体的に使いづらくなった気がします。

Related Posts

Archives

ブログタイムズ